English translation under construction. Stay tuned!
CATEGORY

プロジェクトマネジメント

    • 9月 17, 2022
    • 9月 17, 2022

    “アジャイル”プロジェクトマネジメント

    皆さまこんにちは。前回は“プロジェクトマネジメント”について、問題解決者として押さえるべきPMBOKと、これまで書いてきた一般的な問題解決(as-is ~ to-be)とリーンシックスシグマの進め方とマッピングして、“プロジェクトマネジメント”として追加する必要があるタスクを抽出しました。 今回は、 […]

    • 9月 10, 2022
    • 9月 11, 2022

    プロジェクトマネジメントのポイント

    皆さまこんにちは。前回は、問題解決者の皆さまを支えるソフトスキルの1つである“プロジェクトマネジメント”について、3つの代表的なアプローチ(PMBOK/PRINCE2/CMMI)を紹介しつつ、概要を押さえました。 今回は、上記3つの中でも、問題解決者として押さえるべきPMBOKと、これまで書いてきた […]

    • 9月 3, 2022
    • 9月 4, 2022

    プロジェクトマネジメントの概要

    皆さまこんにちは。前回は、問題解決者の皆さまを支えるソフトスキルの1つである“チェンジマネジメント(チェンマネ)”の進め方について、チェンマネの代表的な3つのアプローチ(コッターの変革8段階プロセス/チェンジ・アクセラレーション・プロセス/ADKAR)と、“一般的な問題解決(as-is ~ to-b […]

    • 5月 21, 2022
    • 9月 4, 2022

    問題解決は“人間系”が大事! – ステークホルダー分析

    皆さまこんにちは。前回はリーンシックスシグマの最初のステップ“Define(問題定義)” のとりまとめで使われるツールとして、“5W2H”と“プロジェクト憲章(チャーター)”について書きました。 以前の投稿で、現状分析ではまず“MECE(漏れなくダブりなく)の考え方に基づいたファクト(事実)収集が大 […]

    • 5月 14, 2022
    • 9月 4, 2022

    “問題定義”のまとめ!5W2Hとプロジェクト憲章(チャーター)

    皆さまこんにちは。前回はリーンシックスシグマの最初のステップ“Define(問題定義)”で使われるツールで、VOC(顧客の声)から社内の改善機会を特定するツールである、CTQ(シー・ティー・キュー)について書きました。 この辺りで、ここまでの流れを振り返ってみましょう。 前回までで”Define(問 […]