English translation under construction. Stay tuned!
    • 7月 23, 2022
    • 9月 4, 2022

    ブレーンストーミング(ブレスト) – アイディア出しの定番

    皆さまこんにちは。前回は問題解決に当たっての超重要“ソフトスキル”である“ファシリテーション”について書きました。今回から数回は、また“to-be(あるべき姿構想)”に戻ります。で、今回はアイディア出しの定番である“ブレーンストーミング(ブレスト)”について書いていきます。 “ブレスト”という言葉自 […]

    • 7月 16, 2022
    • 9月 4, 2022

    ファシリテーション – 問題解決を促進する“超重要”ソフトスキル

    皆さまこんにちは。前回は“to-be(あるべき姿構想)”の中で、現場メンバーに問題解決策を考えてもらう場である“ワークショップ”について書きました。 当ブログでは、問題解決に必要なソフトスキル(特定のツールやテクニックを“ハードスキル”というのに対し、コアスキル・基礎スキル的な感じ。ファシリテーショ […]

    • 7月 9, 2022
    • 6月 11, 2022

    ワークショップ – 現場メンバーに問題解決策を考えてもらう場

    皆さまこんにちは。前回から、“to-be(あるべき姿構想)”に入りました。いよいよ“問題解決”する場面です。 前回は、“問題解決のカギは現場にあり!”と書きました。着実に実行される問題解決策を考えるためには、現場のメンバーを巻き込む”ことをお勧めしました。“巻き込む”とは、具体的には“問題解決のアイ […]

    • 7月 2, 2022
    • 9月 4, 2022

    to-be(あるべき姿構想)- 問題解決のカギは現場にあり!

    皆さまこんにちは。前回はリーンシックスシグマの“Analyze”フェーズで使われる問題の根本原因を探る手法の1つである“5回のなぜ”について書きました。 前回までで、“as-is(現状分析)”は一旦完了です!リーンシックスシグマで言うと、“Define(問題定義)”、“Measure(問題の測定)” […]

    • 6月 25, 2022
    • 9月 4, 2022

    問題の”根本原因”を探る~その2 – 5回のなぜ(別名:なぜなぜ分析)

    皆さまこんにちは。前回はリーンシックスシグマの“内部調査”段階である“Analyze(分析)”フェーズで使われる手法の1つである“フィッシュボーン分析”について書きました。 今回は、この“Analyze(分析)”フェーズで使われるもう1つの手法である“5回のなぜ”について書いてみたいと思います。 1 […]